STAP細胞:報道の暴力-NHKスペシャル

STAP細胞:報道の暴力-NHKスペシャル「調査報告 STAP細胞 不正の深層」2014年7月27日

2014年7月27日、スタッフの名前も出演した学者の名前もほとんどわからない調査番組がありました。
恣意的な演出にて、まるで論文著者間で不適切な関係があったかのようなニュアンスを演出していました。
また、留学生が作製したES細胞をさも流用したかに見えるような演出までなされました。

この番組と、2014年6月12日の理研改革委のCDB解体提言という一論文不正に対して大変重たい処分が下り、ご心労が重なりあの大変ご高名な
笹井芳樹博士が自らの命を8月5日、たってしまわれました。

こんなに心に重くのしかかった事件はありません。ありふれた2枚の画像の不正だけで、ここまで科学者社会が熱狂的に攻撃した理由はなんでしょうか。